ポリシー違反でグーグルアドセンスから警告!プラグインを使わずワードプレスで特定ページの広告だけ非表示にする一番簡単な方法

ポリシー違反でグーグルアドセンスから警告!プラグインを使わずワードプレスで特定ページの広告だけ非表示にする一番簡単な方法

フィリピン系のサイトを運営していると、どうして女性関連の記事を書くことが多いと思います。KTVやらちょっと大人の話とか。私もいくつかのフィリピンブログの更新をいつも楽しみにしています。フィリピンブログの中には、グーグルアドセンスを貼っているものがあり、けっこうきわどい内容だけど大丈夫かなと心配していました。

人のことよりも自分のことを心配しろよということなんですが、ついに私のブログもグーグルアドセンスからポリシー違反で広告の配信を止められてしまいました。

DSCN1194philippine

広告部分が真っ白に。

2016y01m23d_213955533

このサイトからのグーグルアドセンスの収入はそれほどあるわけでもなく、1か月分の収入は高級レストランでの1食分です(ただし、同時に動画も運営しているので、そちらからの収入も合わせるともう少しあります。)でも、やっぱりブログからお金がもらえると、たとえそれが多くなくてもブログを更新・運営するモティベーションになります。私の場合、このブログがあるからこそ、可愛いフィリピーナの女の子と一緒にいろいろな場所に行き、写真や動画撮影したりすることができます。だから主なモチベーションはお金よりも女です(断言)

さて、グーグルアドセンスのページへ行き、違反項目を見てみると『アダルトサイトへのリンク』とあります。

2016y01m23d_213549964

いやいや、アダルトサイトにはもちろんリンクなど貼っていません。確認のため、問題のページを見てみます。違反ページはフィリピンの出会い系サイトについて紹介しているページ、当サイトでも1番目に人気のページです

フィリピンの出会い系サイトを1か月利用してみた感想とまとめ
フィリピンの出会い系サイトを1か月利用してみたので、その感想とまとめ、攻略方法について書いていきたいと思います。この記事を読むことで次のこと...

グーグルアドセンスでは出会い系サイトへのリンクもダメなのでしょうか?知りませんでした。別に有害サイトじゃないし、何が問題なの?と言いたい気分ですが、グーグル様に逆らっていいことはないので、素直に従います。

グーグルアドセンスの広告を再表示するために私が行った対策

ポリシー違反でグーグルアドセンスの広告が非表示になったときに考えるのが、記事を削除する必要があるのかです。記事を削除するのが一番、安全で確実な方法です。ですが、必ずしもする必要はありません。もちろん、記事の内容がアダルトな画像を掲載しているのであればアウトです。削除する必要があります。ですが、グーグルアドセンスで禁止されているお酒やたばこ、グラビアアイドルなど、そのような記事を書きたいときもあると思います。そんなときは、その該当記事のみグーグルアドセンスの広告を削除すれば大丈夫です。

DSCN1293philippine

ただし、このブログはワードプレスで運営しています。なので、通常のHTMLサイトのように記事ごとに広告を設定することはできません。特定の記事のみ広告を非表示にする方法はphpファイルから条件分岐を利用するというのが、一番オーソドックスなやり方のようです。ただし、いくつかのウェブページを読んだけど、phpファイルの条件分岐の意味がわからない。それにコードを書き換える前にバックアップをとってくださいとのこと。失敗すれば画面が真っ白になりますよとのことです。

怖すぎてできないっ!!

DSCN1190philippine

そこで、もっと簡単な方法はないかと調べてみました。その方法が「Display Widgets」というプラグインを使った方法です。ただし、この方法を利用するにはグーグルアドセンスの広告をウィジェットで管理していることです。現在、使っているテンプレートはデザインがステキなので購入した有料のTCDテンプレートです。TCDのテンプレートである特定のページのグーグルアドセンスの広告を非表示にする方法はわかりませんでした。なので、泣く泣くデザインを変更することにします。

グーグルアドセンスの広告をウィジェットで管理することができるテンプレートは「simplicity」「Stinger」です。私は「Stinger」を利用します。

まずは、「Stinger」をダウンロードします。ダウンロードページはこちらです。

http://wp-fun.com/dl/

次に、デザインの変更します。。左側から『外観』をクリックし、次に『新規追加』をクリックします。

2016y01m23d_220906695

テーマのアップロードをクリックして、「Stinger」のダウンロードページからダウンロードしたzipファイルをアップロードしていきます。

2016y01m23d_221818817

『いますぐインストール』をクリックします。

2016y01m23d_222038414

『有効化』をクリックします。

2016y01m23d_222318838

次に左側『外観』から『ウィジェット』をクリックして『グーグルアドセンス用336px』と『グーグルアドセンスのスマホ用300px』にアドセンスのコードを貼ります。

2016y01m23d_224937813

広告コードを『グーグルアドセンス用336px』『グーグルアドセンスのスマホ用300px』にドロップするのですが、ここでトラブルが!なぜか広告コードをドロップすることができません。ドロップしようとすると、禁止マークが表示されるだけです。直接、広告コードをコピー&貼り付けできればいいのですが、それもできません。どうすればいいのか、ここで悩んで1時間、ブラウザを変更して同じことをしてみたのですが、うまくいきませんでした。そこで、急きょデザインを「Stinger」から「simplicity」に変更します。パソコン難しい・・・・

DSCN1310philippine

「simplicity」のテンプレートはこちらからダウンロードできます。

http://wp-simplicity.com/downloads/

テンプレートを有効化した後に、『外観』→『ウィジェット』をクリックします。そして『パソコン用広告ダブルレクタングル・・・』→投稿本文下を選択し『ウィジェットを追加』をクリックします。

2016y01m23d_233439880

今回は無事、貼り付けることができました。なぜ「Stinger」のウィジェットで広告コードをドロップできなかったのか?もし、理由がわかる人がいましたら、ぜひ教えてください。それにしても、こんなことなら初めから「simplicity」を利用しておけばよかった・・・

「simplicity」には、広告除外ページを設定することができる機能があります。これは便利!!「Display Widgets」というプラグインを利用する必要がなくなりました。

やり方については、下記のリンクに詳しく書かれているので、ここからの広告を非表示にするやり方は省略します。

http://wp-simplicity.com/ban-ads/

グーグルアドセンスに審査してもらおう

これで、問題記事にグーグルアドセンスの広告を表示しない設定にすることができました。あとは、グーグルアドセンスに連絡するだけです。連絡先はアドセンス管理画面の設定アイコン→「ステータス」をクリックしてください。そこに

現在、上記のサイトは AdSense プログラム ポリシーに違反しているため、広告配信が停止されています。サイト上での広告配信を再開するためには、ガイドラインに記載の手順に従ってください。

とあるので、『ガイドライン』をクリックします。

2016y01m24d_000155163

リンク先に『ポリシー違反の審査フォーム』というリンクがあるので、そちらをクリックします。

2016y01m24d_000709709

すると、ポリシー違反の審査フォームのページが表示されます。フィリピンに住んでいるからかな?なぜか英語に(汗)通常は日本語だと思います。

2016y01m24d_001117531

変更したURLを入力します。今後、同じようなことが起きないためにどのような対策をとるかということですが、英語で来たら英語で返さないといけないパターン・・・・どうしよう?もしここで、日本語で書いてグーグル内部の人が「ん?意味わからんし。却下ね」なんてなると嫌なのでつたない英語で書きます。

さてさて、グーグルアドセンス様のお怒りが収まるといいのですが、どうなるでしょう?

申し立てが拒否された!グーグルアドセンスの再開は簡単ではない?

グーグルアドセンスの広告が停止されたのが、1月23日。その後、すぐに該当ページの広告を削除しグーグルに連絡しました。グーグルアドセンスが再開されるのはいつか?いつ再開されるのか、気になって気になって、1時間ごとに管理画面をチェックして「まだかなぁ、まだかなぁ」とやっていました。

でも、なかなか返信はありません。たぶん土曜日と日曜日はグーグルさんも休日なのね。結局、返信は月曜日の16時でした。そしてもらったメッセージがこちら。

いつも AdSense をご利用いただきありがとうございます。
異議申し立てをお送りいただきありがとうございます。いただいた情報を考慮しながら philippinechannel.tokyo を慎重に確認しましたが、お客様のサイトで引き続き違反行為が行なわれているため、現在のところ、お客様のサイトへの広告配信を再度有効にすることはできません。
ポリシー違反が発生しているページの一例:: http://philippinechannel.tokyo/archives/1007
アダルトまたは成人向けコンテンツに Google 広告を表示することは許可されません。これには、アダルト サイトや成人向けサイトへのリンクを掲載したり、このようなサイトにユーザーを誘導したりするページへの広告掲載も含まれます。また、アダルトサイトへのリンクは RSS や 逆アクセスランキング内のリンクなども含みます。
コンテンツを一般向けに保つ方法については、AdSense のプログラム ガイドラインと、ポリシー チームからのヒントをご確認ください。
このトピックについては、こちらの短いアニメーション動画とポリシーの復習もご覧ください。
サイトがポリシーに準拠しているかどうかをご確認ください。ポリシー通知メールに記載されている URL は一例にすぎず、ウェブサイトの他のページにも同様のポリシー違反が存在する可能性があることにご注意ください。サイトへの広告配信を再度有効にするには、ウェブサイト全体に適切な変更を加える必要があります。
AdSense プログラムに参加するため、お客様のサイトの再審査をご希望の場合は、Google のプログラム ポリシーをご確認いただき、お客様のウェブページに必要な変更を加えていただきますようお願いいたします。
サイトのポリシー違反をすべて解決された場合は、ヘルプ センターの記事をご覧になり、サイトの再審査をリクエストしてください。
何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Google AdSense チーム

グーグルアドセンスさん、すごく親切になってる!昔はただ「サイト全体を見直してください」という、とても抽象的なアドバイスだけでした。問題の箇所は自分で探さなければいけません。どこが悪いのか決して教えてくれることはありませんでした。しかし、

ポリシー違反が発生しているページの一例:: http://philippinechannel.tokyo/archives/1007

のように具体的に問題のページを指摘してくれています。こちらが問題のページ

わがままで口の悪いフィリピーナの彼女を一瞬で惚れさせてコントロールする方法
フィリピンブログを見ていると、彼女の条件として 貧乏でない 大学を出ていること とあります。私が付き合っているフィリピーナ...

恋愛テクニック的なことを書いたページです。何が問題なのか・・・・?もう一度、グーグルアドセンスから届いたメッセージを読み直します。

また、アダルトサイトへのリンクは RSS や 逆アクセスランキング内のリンクなども含みます。

たぶん、フィリピーノキューピッドがアダルトサイト・成人向けサイトへのリンクに該当するのでしょう。出会い系サイトへのリンクってグーグルアドセンスでは禁止しているのかな?確かに成人向けサイトになるけど、有害サイトではないと思うけどな。グーグルアドセンスは規約に厳しいですね。

ということでフィリピーノキューピッドへのリンクがあるページはすべてグーグルアドセンスの広告を削除して、グーグルアドセンスに連絡しました。次こそは広告が再開されたらいいんだけど、もしダメだったらどうしよう・・・

DSCN1302philippine

忍者アドやアイモバイルは広告の単価が低いし、かといって広告なしで運営するのもモチベーションが絶対下がる。URLへ変えて再開するのも大変だな。

「なぜ管理人は30代で日本で仕事をすることなく自由な生活ができているのか?その秘密を知りたい人はこちらからメール登録」みたいな感じでステップメールに誘導し情報商材を売るのもいいけど。これすると、たぶん2ちゃんねる(ダラワちゃんねる?)で悪口書く人がでてくるだろうし(汗)

ということで、何としてもグーグル様にはアドセンスを再開してもらわないと。

「グーグルさま、当サイトの画像はほとんどがオリジナル、動画はすべてオリジナルです。記事もすべて自分で書いています。他のサイトをパクったりしておりません。タガログ語というフィリピンの言語を紹介している数少ないサイトでございます。ということで、広告再開して~お願い!!」

管理人の心の叫びでした。そして再審査フォームからメッセージを送ります。今回は再審査フォームは英語ですが、日本語で書いてみました。

そして4時間後・・・グーグル様から返信が

プログラム ポリシーに準拠していただくために、サイトに変更を加えていただき、ありがとうございます。philippinechannel.tokyo を慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にいたしました。

お客様のサイトへの広告配信は一時的に無効となっていたため、サイトに広告が掲載されるまでに 48 時間程度かかる場合があります。恐れ入りますが、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

広告が再開されてる!!48時間程度かかるとのことですが、今確認してみると広告はすでに配信されていました(メッセージを受信して7時間後)

DSCN1314philippine

フィリピンブログを運営している皆さま、グーグルアドセンスは厳しいので気をつけてください。たまに通報されることもあるので(今回は、フィリピンの出会い系サイトを紹介している他のライバルサイトからの通告かな?)

フィリピンブログでナイト情報を提供してくれているブログがあります。あれはたぶんグーグルアドセンスは完全にアウトじゃないかな?私は更新がストップされると嫌なので通報はしませんが。他にもグーグルアドセンスを意識して下ネタを書かなくなったブログもあります。でも、やっぱり下ネタがあるほうがそのブログは面白かったり。もう少し、グーグルアドセンスの規約が緩くなると私たちも大人な内容を書け楽しい記事になるのに。残念ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 私もアドセンスから広告停止があったことがあります、一般的には警告があって72時間以内に修正しないと広告停止と思ってたのですが、イキナリの一発停止となりました。
    アダルトコンテンツを含む表現がポリシー違反だとのことで、いくつか修正しましたが、何度やっても別のURLを指摘されて再開までに約1か月くらい掛かりました。

    南国ビーチに行った話で水着姿がNGになるなんて、納得できない部分もありましたけど、文句言ってもしょうがないので画像を変更、文章を変更、かなりの記事数を修正したもんです。

    Tatoo(刺青)もNGでした。フィリピン人は刺青を入れる人が多くて記事にしたのですが、グーグルには嫌われる内容みたいです。

    • 管理人 より:

      tatooもダメなんですね。フィリピンでは普通にファッションですが、日本のグーグルアドセンスさんは厳しいですね。
      Facebookでフィリピーナとお友達はいつも楽しく読んでいます。これからも更新楽しみにしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)