フィリピンで旅行中に財布を盗まれる!対策方法は?

フィリピンで旅行中に財布を盗まれる!対策方法は?

ずっと秘密にしていたのですが、彼女が両親に彼氏ができたことを話してしまったので彼女の両親の家に挨拶に行くことにしました。場所はビーコルです。

彼女の実家への挨拶?

どうしてこれが必要なのか最初に話したいと思います。

フィリピンで彼女ができたら両親に挨拶をしなければいけない理由

日本だと付き合い始めたらすぐに両親に挨拶に行くという習慣はない思います。ですが、フィリピンでは男女の付き合いについては、女性の両親に挨拶に行くのは当たり前のことです(都会の人はそうでもないかな?)フィリピン人はとても家族を大切にします。私は彼女から
「if you love my parents,I love you.(もし私の両親を愛してくれるなら、あなたことを愛すわ)」
と言われたことがあります。とりあえず、びびりながらも
「お、おう。もちろん愛するぜ」
と答えました。それぐらい彼女と良い関係を築くためには、彼女の両親から好かれる必要があると思います。私の友達の一人は両親が付き合いに反対したので3日で彼氏と別れたという人もいます。それぐらいフィリピン人にとって両親の影響力は大きいです。決して彼女の両親の悪口は言ってはいけません。

実際のところ彼女の両親を愛するのは難しいですが、日本にはない両親を尊敬するというフィリピンの文化はとても素晴らしいと思っています。現在日本では、多くの家庭で父親の立場が低くなっています。娘からは「くさい」「汚い」「近寄らないで」と言われるお父さんも少なくないとか。なんのために父親は仕事をして家庭を養っているのか?私も日本で家族を持ち、娘が生まれたら彼女に尊敬されるような父親になる自信は正直ありません。

一方、フィリピンで父親のことをバカにするそんな子どもを見たことありません。年頃の女の子でも父親のことが好きだったりします。父親だけではありません。親戚も大好きで、普通に親戚のおじさんに抱きつくレベルです。心の距離がとても近いです。

というこで、私も彼女の実家に挨拶に行かないわけにはいきません。めんどくさいですがビーコルというところまで行ってきました。

DSCN1196philippine

マニラと違って地方に住むフィリピン人は親切な人が多い

レガスピ空港に到着しました。飛行機から降りると目の前にでっかい山が見えます。マヨン山です。飛行機から降りるとさっそくフィリピン人が記念撮影をしていました。そして私も記念撮影!!

やっぱりマヨン山はすげぇーーー

P1040840philippine

マニラのニノイアキノ空港もそうですが、出口のところで「タクシー?」というウザい客引きがいます。料金を聞いてみるとガイサノモールまで150ペソとのこと。メーターがついていたので、メータ使ってよと交渉すると

「空港の入り口で50ペソ通行料として取られたら、メーターではいけないよ。プラス50ペソね」

と言ってきます。わけのわからないことを言っているので、無視をして空港から外にでることにします。しばらく待っていてもタクシーは通りません。ビーコルではタクシーは空港とモールでしかみませんでした。なので、簡単にマニラやセブシティのようにここでは簡単にタクシーを捕まえることはできません。ビーコル地方での交通手段はジプニーとトライシクルになります。

トライシクルに乗るとなると、料金を交渉する必要があります(交渉が面倒であれば、ドライバーの言い値を後で払う必要がありますが、おそらく外国人だと値段をふっかけられる可能性があります)そこで、道でみつけたお姉さんに

「すいません、ガイサノモールに行きたいんですけど、トライシクルで料金はいくらぐらいですか?」

と聞いてみました。なんとお姉さん、料金を聞いただけなのにトライシクルをつかまえてくれて、さらにドライバーに料金まで確認してくれました。マニラだと、頼んでもいないのに子どもがタクシーが止まったらドアを開けてチップを要求して来たり、余計なお世話が多いですが、このように真心のこもった親切にビーコルに到着早々、感動しました。

DSCN1192philippine

彼女の住んでいるところはレガスピシティからバスで1時間ほどいった田舎にあります。田園風景が続く、とても美しい所です。

P1040876philippine

田舎の人はお互いに顔見知りなので、気軽に挨拶しあいます。そして私にも挨拶してくれます。なんか大人が忘れてしまった大切なものがここにある、そんな気がしました。

私が住んでいるマニラでは隣に住んでいる人がだれかわからないし、挨拶もしません。

P1040878philippine

牛が普通に歩いています。彼女が言うには、これは牛ではなくカラバオ(タガログ語で意味は水牛)だそうです

P1040843philippine

川にもカラバオ!!カラバオは怖がりでカメラを持って近づくと逃げられてしまいました。

P1040883philippine

カラバオは田んぼを耕作するために使います。ここではまだ耕作用の機械もないし、稲も人の手で植えられています。

P1040880philippine

さらにヤギまで

P1040885philippine

彼女の家にはアヒルからにわとり、見たこともない鳥、いろいろな動物がいます。もう、そこは小さな動物園です♪

半日、アヒル(カモですか?)と遊んでいたら体が真っ黒に日焼けしてしまいました・・・日本だと人間に近づこうとしませんが、ここでは手で直接エサをあげることができました。油断しまくりのアヒルの子どもをわしづかみしてやりましたよ ヒヒヒ

やばいっ!!可愛すぎる。

P1040860philippine

せっかくビーコルまで来たので、観光地にも行きました。ここはLigñon Hill Nature Parkです。戦時中、日本軍が掘った武器・食料を保存するためのトンネルがあります。頂上まで20分ぐらいで、空気もきれいだし良い運動になります。眺めも最高!!頂上ではジップラインも楽しめます。

imagephilippine

人はすごく親切だし、こんなところに悪い人はいないよね!?マニラでは油断しない私も、人に対する危機感がなくなっていきました。そして事件が起こります

財布がない!!

彼女の町でホテルを見つけることができなかったので、バスに乗りレガスピシティに戻ります。バスを降りてトライシクルに乗った時に気づきました。財布がありません。そしてバッグのチャックが開けられています。

いったいどこでなくなったのか?バスで料金を払ったので、まだそのときは財布がありました。ということはバスを降りてから、トライシクルに乗る前。どこで財布を盗られたのか、思い出してみると怪しいのがバスを降りてすぐ。

DSCN1200philippine

私はどこでバスに降りてよいのかわからず、バスの中でちょっと挙動不審でした。すると、一人のお姉さんが、「私もレガスピシティで降りるから一緒に降りよう」と言ってくれました。そしてレガスピシティに到着したとき、ここで降りるんだよぉー教えてくれます。バスを降りたとき、一緒に歩きながら少し会話をしました。このとき、このお姉さんはただの親切な人と思って何も気にしませんでした。これがもし、マニラだったら警戒するのがですが、あのときは油断しまくっていました。

そうです、彼女がおそらく泥棒グループの一人です。彼女は話しかけることでターゲットを油断させて、その間にもう一人の泥棒が財布を盗むというやり方です。思い出してみると、彼女と話をしているときに後ろに違和感を感じました。ですが、話をしているとそちらに注意が向いて、後ろの違和感について注意が向かなくなります。

あとで聞いたのですが、これはフィリピンでの泥棒の手口の一つで、ほかにもぶつかった瞬間にもう一人が財布を盗む、ジプニーでお金を落としお金を拾ってあげた人の注意がそちらに向いた瞬間に財布を盗むなど、いろいろあります。実際、被害に合うまで、

「そんなことされたって普通気づくでしょ?」

と思っていました。しかし、実際にされてみるとわかるのですが、全く気づきません。注意を別のところにそらされると、泥棒に簡単に貴重品を盗まれてしまうことが今回、わかりました。

悔しかったのは、そのお姉さんが不細工だったこと。どうせなら美人なお姉さんの罠にひっかりたかった・・・

それが悔しくてたまらない(これぐらい可愛い女の子なら自分でも納得できますが)

DSCN1189philippine

財布には銀行のATMカードが2つ、それに身分証が入っています。これ以上、悪用されたら嫌なので、次の日に銀行に行き口座を凍結しました。フィリピンナショナルバンクという銀行は口座番号かどこで銀行口座を作ったのか言ってくれないと、対応はできないとのこと。そんなもの覚えているわけないので、とりあえずマニラに戻ってからの対応となりました。幸いにも被害は財布に入っていたお金だけで、銀行にあるお金は無事でした。泥棒にとってもATMからお金を引き出すのは簡単ではないようで、銀行のお姉さんに聞いてみたのですがATMカードを使われた形跡はないとのことです。

フィリピンでのお金や貴重品を盗まれないための対応方法

盗まれた人が書くのも説得力がないですが、フィリピンでお金やアイフォンなどの貴重品を盗まれないための対応方法を書きます。特にフィリピン留学中、アイフォンを盗まれたという話をよく聞くので、もしあなたもフィリピンに来るときは注意してください。フィリピンは泥棒が多いです。そして外国人はターゲットになりやすい。実は私は財布を盗まれただけでなく、去年は家に泥棒が入っています(泣)

DSCN1298philippine

ポケットに貴重品をいれない

ポケットに入れていてアイフォンを盗まれたというパターンが多いです。といいつつ、私もポケットに携帯電話を入れているのですが・・・でもやっぱり盗まれたくないならポケットにアイフォンをいれないことをお勧めします。カバンに入れてください。どうしても、ポケットにアイフォンを入れる派の人はジプニーに乗った時は最新の注意を払ってください。あと、庶民が行くような安いモール、人ごみの中、電車の中は注意してください。

バッグを後ろで背負わない

DSCN1285philippine

私はバッグを後ろに背負っていたために、ファスナーを開けられ財布を盗まれました。なので、基本バッグは前に背負っていた方が安全です。でも、これもいつでもどこでもバッグは前で背負うというものでもないようです。財布を盗まれた後、ショッピングモールの中を歩いているときバッグを前に背負っていたら、彼女に

「ここは安全だからバッグは後ろに背負って」

と言われました。たしかにSMデパートメントなどを歩いていると、ほとんどの人がバッグは後ろに背負っています。ですが、安いモールだとほとんどの人がバッグを前で背負っています。なので、フィリピン人も場所によってバッグを前に背負ったり後ろに背負ったり使い分けているようです。なので、もしバッグを前に背負っている人が多い場所を歩いているときは、必ずあなたもバッグを前に背負ってください。そこはおそらく泥棒の多い危険な場所です。そしてバッグを後ろに背負っている人が多い場所は、比較的、泥棒の少ない安全な場所だと思います。でも、私たちはフィリピンでは外人なので基本、バッグはいつでもどこでも前に背負っていた方が安全です。

DSCN1202philippine

フィリピンに限らず、発展途上の国は貧しい人が多いので泥棒が多いです。悲しいですが、これが現実です。日本のように安全ではありません。なので、泥棒には注意しつつ楽しい旅行をしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)