ボラカイへ行く方法は?マニラからボラカイに行く2通りの方法

ボラカイへ行く方法は?マニラからボラカイに行く2通りの方法

マニラからボラカイに行く方法は2つです(船で行く方法もあるとのことですが、時間がかかるのでここでは割愛)

それは、マニラ空港からカリボ空港を経由してボラカイに行く方法とカティクラン空港を経由してボラカイに行く方法です。それぞれ一長一短なので、まずはどちらの空港を利用すればいいのか、その長所と短所についてまとめています。

できるだけ短時間で行きたいというあなたには、マニラからカティクラン空港を経由してボラカイに行く方法をお勧めします。カリボ空港からボラカイに行くのに比べて2時間ほど時間を節約できます。ただしマニラからカティクラン空港行きのチケットは値段が高いです。

実際にマニラ空港からカティクラン空港、マニラ空港からカリボ空港のチケットをセブパシフィックで購入するとして、どれぐらい値段が違うのか調べてみました。ともに2か月先のチケットを予約する場合の値段です。

カティクラン空港行きのチケット料金

2016y03m21d_175714878

値段は安くて4000ペソです。

カリボ空港行きのチケット料金

2016y03m21d_175829722

安いチケットで2000ペソです。その差は2倍になっています。

2時間、時間を節約できるならこの2000ペソは安いとみるか、高いとみるか。お金を持っている社会人であれば、カティクラン空港から行く方が便利だと思います。

値段が高いカティクラン空港行きのチケットですが時間節約以外にもう一つメリットがあります。それは、ボラカイに早い時間帯に着くことができるという点です。カリボ空港に到着する時間を見てください。

caribo1

到着時間が、12時05分・16時45分・17時10分・18時15分・20時20分と朝の便を除いてすべて夕方に着きます。朝の便だと値段が4000ペソと高いので、それだとカティクラン空港を利用したほうがいいです。さらにセブパシフィックは1時間遅れるのが当たり前の航空会社なので、実際の到着時間はこの予定時間にプラス1時間してください。となると、ボラカイに到着した最初の1日はあまり現地で過ごす時間がなくなります。

一方、カティクラン空港を利用する場合は、このように朝に到着する便がたくさんあります。

cate

なので、カティクラン空港を利用するかカリボ空港を利用するかは、予算、そしてボラカイでの時間の過ごし方によって変わってくると思います。

私は今回、低予算でボラカイに行けるカリボ空港で行くことにしました。

これは便利!セルフサービスチェックイン

セブパシフィックは格安航空会社なので、チェックインをするのにとても時間がかかります。普通にチェックインするのに30分とかかかります。ですが、もしも手荷物だけしかない場合、このセルフサービスチェックインを利用すれば、待ち時間なしにチェックインすることができます。自分で座席も指定できるので便利です(フィリピンの国内線に限る)

DSCN1708philippine

初めての人は、スタッフのお姉さんが優しく教えてくれるよ。セブパシフィックで働いているお姉さんは、みんな英語が通じます。

DSCN1707philippine

やはりセブパシフィック、私が乗った時も1時間、遅れていました。ですが、待たされつつもなんとか飛行機に乗ります。機内では最初に非常時のマスクやライフジャケットの使い方について英語で説明してくれます。う~ん、わからん!!

DSCN1727philippine

カリボ空港に到着したら乗り合いタクシーに乗ろう

飛行機に乗っている時間は約50分と、あっという間にカリボ空港に到着します。到着したら、ここから乗合タクシーに乗ってカティクラン港に向かいます。

乗り合いタクシーの料金はこちらです。

DSCN1749philippine

ここはぼったくられる心配はありません。200ペソと値段が決まっています。たぶん、住民がこの乗り合いタクシーを利用した場合は、同じ距離で100ペソ以内だと思うので、すでにプチぼったくりですが、フィリピンに住んでジプニーを乗り回している人でなければ、

「200ペソ高っ!」

とはならないと思います。

ただこの価格、交渉すれば150ペソにすることができます。

※ボートと車がセットになったチケットも売られています。ただ船乗り場でのボートの価格は30ペソです。普通、セットで購入すると安くなるはずですが、セットで購入すると値段が高くなるのがフィリピンマジック。

うまく乗客が見つかっていっぱいになればいいですが、もしもいっぱいにならなければ次の飛行機が到着するのを待たなければいけません。この待ち時間が30分とか意外と長いです。その待ち時間に近くにある小さなお店でお菓子や飲み物を購入することができますが、これがリゾート価格ですごく値段が高かったです。コンビニで20ペソで売られているものが50ペソぐらいに跳ね上がります。

DSCN1758philippine

乗り合いタクシーはこのようにたくさん待機しています。

DSCN1754philippine

ここでのポイントはすぐに発車する乗り合いタクシーを自分で探すこと。おっちゃんやおばちゃんに勧められるままに乗り合いタクシーに乗ってはいけません。もしもガラガラの乗り合いタクシーに乗せられてしまったら、この車の中で30分とか40分待たされることになります。駐車場に止まっている乗り合いタクシーの車、一つ一つの中を見てすでに観光客でいっぱいの車に乗ってください。

カティクランの港からボラカイへ

乗り合いタクシーからカティクランの港までは1時間30分から2時間ほどかかります。バスの中はクーラーがガンガンにきいていて、すごく寒いです。上から何か羽織るものを準備しておくとバスの中も快適です。

フィリピンの車になれていない人はびっくりするかもしれませんが、フィリピンではあまり制限速度は守りません。山道は60キロから80キロぐらいまでしか出しませんが、直線になると120キロぐらいまで飛ばします。タクシーも夜に乗ると「ここは高速道路かっ!」ていうぐらいすごいスピードで走るので車酔いをすることもしばしば。

こちらカティクランの港からボラカイへときの料金です。

DSCN1776philippine DSCN1775philippine

上の画像が夜の料金、下の画像は昼間の料金です。10ペソだけ違います。乗車料金は昼間25ペソ、夜間30ペソと安いのですが環境税やら港使用料などの料金が高いです。行きと帰りの往復チケットで約350ペソです。おそらく、地元の人がこのボートを利用するときは25ペソ、30ペソで乗ることができるけど旅行客が利用すると5倍の値段になってしまうようです。

私たちぼったくってないですよ。税金ですから。ニヤッ

DSCN1778philippine

ボラカイの港からホテルまで

ボラカイの港に到着すると、ずらりとそこに待ち受けるとのは、トライシクルというバイクにかごをくっつけた乗り物です。はい、これからぼったくりますよと言うかのごとく並んでいます。

DSCN1804philippine

値段を聞いてみると150ペソとのこと。

「高っ!おまえはタクシーか」

とつっこみたくなります。そこで、外にいる普通のトライシクルを捕まえます。こちらは1人30ペソでした。

マニラからボラカイに行く方法まとめ

せっかくボラカイに行くんだから快適に過ごしたい!そんなあなたにおすすめなのは、やはりマニラ空港からカティクラン経由でボラカイに行く方法です。断然、早いです。そしてボラカイにできるだけ早い時間につきたいという人にもカティクラン空港行きの飛行機に乗ることをお勧めします。カリボ空港行きの飛行機にのると、ボラカイに到着するのは夜の9時とか10時になってしまうかもしれません。

あと、今回、どのようにすればボラカイに安い値段で行くことができるか挑戦しましたが、正直、交渉するのは面倒ですし疲れます。そこでおすすめしたいのがセブパシフィックが進めるカリボ空港からホテルまで500ペソで連れて行ってくれるというサービスです(このサービスに港での環境税や港利用税が含まれているかはわかりません。たぶん、含まれていないとおみます)

フライトアテンダントのお兄さんが販売して回ります。

DSCN1733philippine

これだとカリボ空港から乗合タクシーに乗った時に他の乗客を待つ必要がありません。さらにボラカイの港からトライシクルに乗った時にも無駄な時間を使う必要がありません。おそらく、セブパシフィックが提携している業者の車でホテルまで連れて行ってくれます。値段にして通常より200ペソほど高くなると思いますが、快適さを考えるとこの500ペソには価値があると思います。

もしカリボ空港から行く場合は、このセブパシフィックが提供しているホテルまで500ペソで連れて行ってくれるサービスを利用することをお勧めです。

最後にホテル予約について。

次のサイトは良い口コミだけでなく悪い口コミも掲載されているので、ホテルを予約するときに参考になると思います。ぜひボラカイ旅行に行くときに活用してください。

口コミで選ぶ!ボラカイ旅行で予約したいお勧めホテル10選

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. TANAKA より:

    パン公望さん、はじめまして。
    TANAKAといいます。

    自分も以前ほんのちょっとですがマニラにいました。
    その際にニノイ・アキノ空港からセブ島行きの飛行機に乗ったので、
    今回のセブパシフィックの写真を見て懐かしく感じました♪

    ブログ記事いろいろ勉強になります(^^)
    コスプレの記事とかすごく面白かったです。

    次の更新楽しみにしています^^

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。更新は不定期ですが、これからもよろしくお願いします。何か希望するネタがあれば、ぜひ教えてくださいね。何を書こうか悩んでいます(^_^;)

  2. TANAKA より:

    お返事ありがとうございます。

    希望するネタですか?
    パン公望さんがフィリピンに移られたばかりのときの話は興味あります(^^)

    本格的な移住となると大変じゃなかったのかな?と気になりますね。
    そういう記事も読んでみたいです^^

    • 管理人 より:

      お返事遅くなりました。
      もともと英語留学がきっかけです。英語ができるようになると、わからないことは人に聞けるので、それほど移住が大変だということはありません。だいたい調べれば解決できました。

      何か面白いネタになりそうなら書きたいと思います。アドバイスありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)