フィリピンの東大!フィリピン大学ディリマン校を案内します

この記事を書いているときに気づきました。フィリピン大学を紹介するのに、校舎の写真を撮るのを忘れていました。いや、あほですね。いったい何しに行ったのか・・・・
校舎をバックに動画は撮影したのになぜか、写真は撮っていない。不思議です。
※言い訳をすると、この日の一番の目的はフィリピン大学ディリマン校の生徒に声をかけて、20人ほど学生の写真を撮り、インターネット上で美人コンテストをするつもりでした。ですが、なんか他の大学と違い、このフィリピン大学は6月から夏休みが始まるとか。

「美人コンテストしたかったのにぃ~俺の計画があぁぁぁぁ」
そのショックで、できない子になってしまったことにしておきます。
他にもUPの大学生に英語を教えてもらう方法について、動画を撮影する予定でしたが、こちらも忘れるという失態(-_-;)

では気を取り直して、フィリピン大学ディリマン校を案内していきます。

まず、驚いたのがフィリピン大学の広さ!!校舎内を普通に車、タクシー、そしてジプニーが走っています。ジプニーはアメリカの軍用車を改造した庶民の乗り物です。8ペソで結構、遠くまで連れて行ってくれます。
P1030995philippine

フィリピン大学ディリマン校一番のおすすめスポットはショッピングセンターです。私たちもこの広すぎる校舎でどこにショッピングセンターがあるのかわからず
「where is shopping center?」
と道を尋ねて、たどり着くことができました。
P1030972philippine

入り口すぐ横で、バナナキューを買いました。バナナキューとは、バナナを油で揚げて砂糖をまぶしたフィリピンのストリートフードです。値段は15ペソだったかな。甘くておいしいです。

P1030973philippine

さぁ、ショッピングセンターの中に入っていきます。
一番おすすめのフルーツジュースショップから紹介。ここでは野菜や果物を自分で選び、フレッシュなジュースを飲むことができます。モデルの彼女はマンゴージュースを、私はブドウとキウイフルーツのミックスジュースを頼みます。

P1030978philippine

「ビデオの撮影していい?」
と聞くと、
「大学の許可があればいいよ」
と言われます。つまりビデオ撮影はできないということですが。写真を撮ろうとすると、
「すいません、写真も撮影もお断りしているんです」
というわけでもなく、なぜかスタッフが全員集まる(笑)

「シロップとミルクは?」
と聞かれて私は「なしで」と答えましたが、シロップは入れてもらったほうがおいしく飲めると思います。フルーツそのものの甘さだけでは、ジュースとして飲んだとき物足りなさを感じました。あと、フルーツを買うこともできます。
P1030979philippine

ここフィリピン大学に来たら、お土産として買いたいのがフィリピン大学Tシャツ。このページの一番上で使われている画像がそのフィリピン大学Tシャツです。
350ペソです。このTシャツを着ていれば、日本でもフィリピンでも、フィリピン人がツッコんでくれるはず。フィリピン人と仲良くなるためのツールとして使えますね(^^)
東大Tシャツは着ているとダサい、もしくは嫌味に見られるかもしれませんが、このフィリピン大学Tシャツは大丈夫です。ぜひネタにどうぞ。

他にもいろいろなフィリピン大学Tシャツが売られています。
ポスターに映っている男女は、このフィリピン大学に通う学生さんだそうです。写真のセクシーなお姉さんが教えてくれました。ぜひとも当サイトのモデルに(笑)

P1030983philippine

他にも日本料理と韓国料理を出すレストランもあります。値段もショッピングモールに比べて安い!それにおいしそう。メニューは韓国語と英語で書かれていますね。それだけ、韓国人の学生がたくさんフィリピン大学で勉強しているのかもしれません。
P1030986philippine

他にも、インターネットショップからウェスタンユニオン、さらには散髪屋までありました。もし英語の家庭教師を探すなら、ショッピングセンターにある掲示板はたくさんの学生がみるので、ここにチラシを貼るのがおすすめです。

P1030971philippine

フィリピン大学には2つの教会があります。
「休み時間に教会でお祈りとかしたりするの?」
と聞いてみると
「テスト期間中はお祈りするかもね」
と冗談を言っていましたが、大学の教会でお祈りするということは、普通はないそうです。日曜日にはミサが行われています。
P1030990philippine

最後にフィリピン大学に通う学生、これから通う学生にインタビューしました(字幕なし)彼らの話を聞いてみると、フィリピンには受験勉強というものはないみたいですね。日本の高校3年生である程度の大学を目指す人は、学生生活最後の1年間を受験勉強に捧げますが、それをする必要がないのは羨ましいですね。

フィリピン大学に合格したばかりの新入生にインタビュー

フィリピン大学に通う男子学生にインタビュー

インタビューしているとき、モデルの女の子がとても緊張していました。私から見ると彼女の英語がすごくうまいのに、それでもUPに通う大学生に英語でインタビューするとなると突然、自分自身の英語に自信がなくなるようです。私もある程度の英語は話せますし、理解もできます。でも、ある程度のレベルから抜け出すには、いったいいつになることやら。ある程度のレベルから英語を使いこなすレベル、私にとって、そこに到達するには、とてつもない大きな壁があります

今回、ニノイアキノ公園、ケソンメモリアルサークル、最後にフィリピン大学での撮影とハードなスケジュールでした。その日の夜には、ふくらはぎが痙攣して一人部屋でプルプルしていましたよ。もしフィリピン大学を歩く機会があれば、筋肉がプルプルならないようにお気を付けください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. YUSI  より:

    初めまして、フィリピンの大学に興味のある者です。

    フィリピン大学ディリマン校の記事を見ました。率直な疑問なんですが、大学のキャンパス内に入る際は、許可などが必要なのでしょうか。自分もキャンパス見学したいと思って質問してみました。よろしくお願いします。

    • 管理人 より:

      許可は必要ないです。自由に入れます。ただ、一般の大学は自由に入ることができません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)