(動画あり)フィリピンの激安バスに乗ってみたい!ジプニーの乗り方と降り方、注意事項

(動画あり)フィリピンの激安バスに乗ってみたい!ジプニーの乗り方と降り方、注意事項

フィリピン人にとって一番、身近な乗り物と言えばジプニーです。バスは都市の主要道路でしか見かけませんが、ジプニーは都会から田舎まであらゆるところで見かけます。そして安いです。だいたいどこでも8ペソで行くことができます。ただし、長距離を走る場合は9ペソ、10ペソと値段が上がっていきます。どのくらいで値段が上がるかは不明。たぶん、1キロぐらい長く走れば9ペソになるのかもしれませんが、私は長い距離をジプニーで走ったことがないのでわかりません。

そして2014年から2015年にかけて、ジプニーの初乗り料金が8ペソから8.5ペソに上がり、7.5ペソに下がり、そして8ペソに戻っています(間違っていたらごめんなさい。値段はけっこう1年、2年で変わります。タクシーの料金も2015年、数か月だけ初乗り30ペソと10ペソ安くなっていました。)

雨の中、ジプニー紹介のために今から出発します。

P1040165philippine

この派手な乗り物がジプニーです。なぜか幽遊白書にドラゴンボール

P1040171philippine

日本のバスのように停留所があるわけではありません。また、どのコースを走るのかは、地元住人でないとわかりません。なので、もしその地理に詳しくなくジプニーに乗って目的地に行きたいのであれば、だれかそこらへんにいる人に聞くのが一番です。私はラッシュアワーでタクシーを見つけることができず、家までジプニーで帰ったことがあります。そのときは合計3台のジプニーに乗りました。目的地の場所を伝えれば、
「このジプニーに乗ればいいよ」
と親切に教えてくれます。ジプニーの中でも
「〇〇というところに行きたいのだけれど・・・」
と言えば
「降りるところは私が教えてあげるよ」
とこれまた、親切に私が降りるべきところで、その人がジプニーを停めてくれました。

ジプニーの乗り方・お金の支払い方・降り方

いろいろなところに向かうジプニーが走っているので、目的地に向かうジプニーを探します。目的地は、ボードがフロントガラスの部分にかけてあります。それで確認します。

あとはジプニーのサイドにも目的地が書かれています。

P1040080philippine

見つけたら手を上げてジプニードライバーに合図を送ります。お金を支払うときは「bayad po」と言います。発音は上の動画で確認してください。支払いという意味です。もし、言う自信がなければ、何も言わずに近くの人に渡せば、ドライバーまでお金を届けてくれます。もし、あなたがドライバーのすぐ後ろに座っているのであれば、お金をドライバーの顔横まで持っていき「エクスキューズミー」と言えば受け取ってくれます。

降りるときは「para po」と言います。停まってください、という意味です。「stop please」と言ってもいいですが、ジプニーの中で「stop please」と英語を使っている人を見たことはありません。フィリピン人にとって、ジプニーの中はタガログ語を使うのが常識のようです(セブだとセブアノ語でしょうか?ジプニーの中でタガログ語を使う人はいるのかな?気になります)
か「ストッププリーズ」だと、たまに停まってくれないジプニードライバーがいるので、何度かジプニーに乗る予定がある人は、ぜひ「para po」を覚えてください。
気をつける点はジプニーの中はうるさいので(音楽をガンガンかけているジプニーもあります。)もし、ドライバーから遠い位置に座っている場合、大きな声で「para po」と言わないとドライバーは聞こえません。これ、フィリピン人でも同じで、乗客が「停まってください」と言っても、ドライバーは聞こえず、かなりの距離を走ってやっと停まるということがちょくちょくあります。あとは、コインで壁をコンコンと叩いて、停まってくださいの合図を送っている人もいます。

ジプニーに乗る時の注意事項

P1040179philippine

まずは貴重品は出さない。財布は出さないほうがいいです。私もジプニーに乗る前に財布から20ペソだけ、ポケットに入れておき財布は鞄の中に入れておきます。ジプニーの中で財布をひったくられるという事件は普通にあります。財布だけではありません。耳につけていた高級なイヤリングをひったくられて、耳が裂けてしまったという話も聞いたことがあります。きらびやかな恰好をしているときは、ジプニーに乗らないほうがいいです。

私自身、ジプニーにあまり乗ったことはないのですが、ロビンソンガレリアから自宅に戻るとき、停車中のジプニーの中でいきなり背後から頭を殴られるという経験をしたことがあります。最初、何が起きたのかわかりませんでした。とにかく、頭に痛みが走ります。一緒に乗っていた友達の話では、少年がジプニーの隙間から乗客一人ずつ連続で殴って、そのあと去っていったようです。意味がわからないですね・・・・

あとジプニーに乗っているときに眠ったら大変です。起きたときには、あなたのバッグがなくなっている可能性があります。くれぐれも注意してください。ここは日本ではないですから。

最後に一言、私はジプニーは激安ですが基本、乗りません。近くの飲食店に行くときはタクシーを使わずジプニーに乗りますが、それだけです。長距離はバス、FX(乗合タクシー)もしくはタクシーに乗ります。長時間、ジプニーに乗っていると排ガスで気持ち悪くなってしまうからです。マニラはたくさんのジプニーが排気ガスをまき散らしながら走っていて、空気はかなり汚染されています。慣れれば大丈夫ですが、慣れるまでに時間はかかります。そして肺にあまりよろしくないと思うので、長距離を走る場合は、予算に応じてタクシーに乗ることをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)