動画あり!7Dが一番おいしい?7種類のドライマンゴーを比較してみた

フィリピンの定番のお土産といえばドライマンゴー。スーパーに行くと、いろいろなブランドがあって、どのドライマンゴーを買えばいいのか困ってしまいます。

P1030374philippine

そこで、今回、7種類のドライマンゴーを買って、どれがおいしいのか比較してみました。すべての価格はSMデパートメントストアの価格で2015年時点での価格になります。

P1030327philippine

まずは一番人気のブランド、7D。価格は79.5ペソです。甘みと酸味、そして美味しさのバランスが非常にいいです。

P1030315philippine

2番目がセブドライマンゴーチップス、59.5ペソです。一つ一つのサイズが小さいので食べやすいです。7Dに比べると、甘いです。

P1030316philippine

3番目に紹介するのが、フィリピンブランド ドライマンゴー保存版?(すいません、どの部分が商品名なのかわかりません)54.5ペソ。

色が黒っぽく、もしかしたら黒砂糖を使っているのかもしれません。味も黒砂糖っぽい甘さを感じました。

P1030366philippine

P1030317philippine

4番目に紹介するのがフィリピンブランド ドライマンゴー。71.5ペソ。これは2番目に紹介したドライマンゴーと同じ味です(会社も同じです)ただ、サイズがこちらのほうが大きいので、食べやすいサイズで選ぶなら2番目がおすすめです。7Dに比べて甘みが強いです。

P1030318philippine

5番目に紹介するのがFRESHCO ドライマンゴー。64.5ペソです。甘みとすっぱさがともに物足りない感じ。あまり美味しいとは感じませんでした。パッケージはすごくおいしそうに見えるのですが・・・

P1030365philippine P1030319philippine

6番目に紹介するのがトラピスト ドライマンゴー。価格が109.5ペソと一番高いです。ほとんどのドライマンゴーはセブ産ですが、こちらのドライマンゴーはギマラスというところで作られています。パッケージがこれまた独特で、魔女が魔法薬を作っているような怪しげなパッケージ・・・

このドライマンゴーはお酒の味が少ししました。なので、子供向けではありません。

P1030364philippine P1030320philippine

そして最後に紹介するのが、セブ グリーンドライマンゴーです。69ペソでした。

P1030368philippine P1030323philippine

これは裏話なのですが、私とフィリピン人の3人で動画制作をしていたとき、「このグリーンドライマンゴー、薬の味がするよね」と話していました。そして、実際に動画撮影時、モデルさんは「なんか薬のような味がする」と英語で言っていました。でも、あとで

「薬の味ってかなりやばくない?営業妨害にならないだろうか?」

ということで、急きょ、

「ユニークな味なので好きな人と嫌いな人に分かれる」

的な表現に差し替えました(笑)

まぁ、ここに書く分にはばれないでしょう。

グリーンマンゴーはおいしいです。でもはっきり言って、
このドライグリーンマンゴーめちゃくちゃまずい!!
薬っぽい味というか、はっきり言ってしまえば、くさいです。3人ともこのドライマンゴーはまずいよねという意見で一致しました。

どのドライマンゴーがおすすめなの?

やはり他と比べて7Dはおいしかった!

もし、今まで一度もドライマンゴーを買ったことがないという人には自信をもって7Dをおすすめします。

P1030375philippine

パッケージはこちら。

P1030369philippine

ただ、甘い系のドライマンゴーが好きなら、

P1030367philippine

P1030370philippine

です。違いは大きさだけです。二つともプロフードという同じ会社が作っています。

もし、お酒の入ったドライマンゴーに挑戦したいというなら、6番目に紹介したドライマンゴーもありですが、黒砂糖を使っているためか、味も独特で万人受けはしないと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)