雑誌では紹介されない!本格中華料理が激安で食べれるマカティのレストラン

マニラにも300ペソ、400ペソ、出せば、いくらでもおいしいレストランアはあります。そしてマニラでも日本と同じレベルの日本食を食べることもできます(日本よりも高いけどね)
では、100ペソで!たった100ペソで本格中華料理を食べれるレストランをマカティでご存知ですか?今回紹介するLSQ Chinese Home Cuisine (家常菜)では本格的中華料理をたった100ペソで食べることができます。普段は中国人のお客が多いです。フィリピン人向けでなく中国人向けの味付けなのもうれしい。

ゲストハウスを運営するホンさんに連れて行ってもらいました。ホンさんはとても親切な方でゲストハウスを訪れる一人一人との出会いを大切にしています。なので、ゲストハウスを利用したお客さんからとても慕われています。
マニラにあるゲストハウス

マニラのレストランを探すとき、無料雑誌プライマーを利用している人もいるかと思います。でも、あれって紹介しているレストランの多くが広告費を出して、そのレストランを紹介している感じですよね。「マニラの美味い店」という本も2014年に出版されましたが、出版元は無料雑誌を出しているプライマーと同じ。本を読んでみるとプライマーで毎月紹介しているレストラン情報がたまったら整理して有料本で販売しようか、そんなノリで作られた本に感じました。(在住者視点で書きました。旅行者にとっては、たくさんの情報がまとめられているので非常にわかりやすく役に立つレストラン本です。)

場所はA-venueモールの近くブルゴスエリアにあります。こちらがA-venueモール

P1040284philippine

そこからゲレロストリートを直進します。マカティアベニューからゲレロストリートに向かって歩き、徒歩2分で着きます。
P1040288philippine

グーグルマップも載せておくので参考にしてください。

お店につきました。ここで注意してください。普通に席に座って店員から渡されるメニューは決して安くありません。通常の価格です。このLSQ Chinese Home Cuisine (家常菜)には一般客が知らない中国人専用の裏メニューがあるのです。中国人でなくても大丈夫。裏メニューの存在を知っていれば、別に中国人でなくても注文することができます。

裏メニューの場所について説明します。店に入ったらそのまま直進してください(一度、席についてからでも大丈夫です。店員からメニューを渡されたあとでも、おもむろに席を立って画像の場所にまで行ってメニューを確認し注文してください。)水槽があるので、その左側、画像の赤色で囲ったあたりにひっそりと貼られています。
P1040294philippine

そのメニューをアップで見ましょうか?
はい、これが裏メニューです。一般客専用のメニュー表は150ペソから200ペソです。ですが、この裏メニューでは一番高くて108ペソです。
P1040293philippine

店員さんに「このメニューの中でリピーターから人気のメニューを2つ教えてください」と聞いてみました。その料理は回鍋肉と酢豚です。メニュー表だとCとGです。

料理はまだかな?
P1040295philippine

料理がやってきました。まずは回鍋肉から紹介。98ペソです。
P1040298philippine

え?このボリュームでたった98ペソ?大都市マカティでこの値段は安すぎる!!
P1040304philippine

あなたも食べてみる?あ~ん(^O^)/

P1040306philippine

続いて酢豚。98ペソです。

P1040297philippine

P1040301philippine

さっそく酢豚を味見してみます。
P1040305philippine

うんっ!おいしい(^^)

P1040317philippine

以前、マカティのすぐ近くに住んでいたので、お気に入りのレストランはいくつか知っていましたが、たった100ペソでこんなおいしい料理が食べれるレストランは知りませんでした。しかもブルゴスストリートという繁華街にあるので、マニラへの旅行客の方にとっても便利な場所にありますね。もし、メトロマニラ内でどこかこのような穴場的レストランをご存知の方はぜひフィリピンちゃんねるまでメッセージください。下記にコメント欄があります。公開希望でなければ、特にメッセージを公開することもありません。フィリピンちゃんねるではマニラの穴場的、おいしいレストランをどんどん取材して行きたいと思います。

この中華料理屋いいね!と思った方はぜひランキングより応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)