フィリピンで簡単にできるサプライズ!フィリピンペソを使ってポロシャツを作ってみた

誰でも子どもの時に遊んだ折り紙、小学校では卒業式や入学式で折り紙を使いましたよね。日本では当たり前の折り紙ですが、ここフィリピンだとやっぱり珍しいです。折り紙を知らない人も多いです。試しにフィリピンのお金を使ってポロシャツを作ってみると、これが大好評でした。
『カフェのお姉ちゃんともっと仲良くなりたい』『SMデパートで働くあの女の子と仲良くなりたいけどきっかけがない』
そんなときのこのフィリピンペソを使ったポロシャツを使えば
「え~このお金、チョー可愛い!〇〇さんが作ったんですか?すご~い!今度、私にも教えてくれませんか?」
となるかもしれません
※あくまでも可能性です。もし、何もツッコまれることなく、お釣りが返ってきたらごめんなさい。でも、日本のレジのお姉ちゃんよりかはフィリピンのレジのお姉ちゃんはノリがいいはず。

それでは、さっそくフィリピンペソを使ったポロシャツの作り方を説明していきます。動画もアップしているので、画像よりも動画も参考にしてください。

1、お金を二つに折る

中心となる位置を確認するためにお金を二つに折ります。
P1040490philippine

2、中心線に向かって両サイドを折る

両サイドを中心に向かって折る時、両サイドの長さが違ってくると、形の良いポロシャツを作ることができません。なので、この部分は単純ですが慎重に!

P1040493philippine

3、先の部分を1センチほど折る

襟を作るために1センチほど折ります。どちらに向かって折ればいいのか、折る時は画像で確認しながら折ってください。

P1040495philippine

4、折り返して襟の部分を完成させる

3の状態から中心に向かって折り返すことで、襟の部分は完成です。言葉では説明しにくいので、動画と画像を参考にしてください。ポイントとして、襟をどのような形に折っていけば襟らしく見えるかを、意識しながら折るとうまくいきます。

P1040496philippine

5、襟の反対側を折る

袖を作りやすくするためのラインを作っています

P1040497philippine

6、折った部分を元に戻す

袖を作る準備ができました。この新しく折ったラインが袖づくりでの重要なポイントになります。

P1040498philippine

7、折った部分を折り目を反対にしてつまむ

この作業をするかしないかで、袖の部分がうまくできるかどうかに大きく影響します。両サイドともに、つまんで画像のような型を作っておきます。つまんだ部分が袖になります。

P1040499philippine P1040500philippine

P1040501philippine

8、7で作った折り目を利用して袖を作る

画像のように折ります。うまく袖でできない場合は、ちょっとずつ調整しながら折ります。袖が中に入り込んだ場合は、引っ張り出します。

P1040502philippine

9、下側の部分を襟側向かって折り、完成

下側の部分を少し襟に差し込むようにして折るのがポイントです。

P1040504philippine

正直に言うと、今回の企画は完全に外国人向けに作ったコンテンツです。お金を使ってTシャツを作るというネタは、日本では別に珍しくないですよね。
でも海外だと珍しいだろ!と思って
Learn how to do a simple origami. In just less than 5 minutes, you can make a Polo shirt using a money bill

を書きました。しかし残念ながら『origami money』で検索すると、すでに2013年ぐらいから同じような内容を書いている人はいますね。でも、折り紙を知らないフィリピン人は多いので、これを見せると芸人顔負けの良い反応を見せてくれるので、面白いです。何よりモデルの女の子も楽しんでいましたし、良しとします。

せっかくなので、絵を描いてもらいました。作業中
P1040482philippine

家族の絵とのこと。左側のお父さんの髪型が鉄腕アトムに見えて仕方がないっす。あと一つ出っ張りを付けたしたい。眉毛の太い鉄腕アトムだな。

P1040485philippine

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)