ケソンシティにあるアートギャラリー Sining Kamaligに行ってきた

アリモールの2階(アラネタセンター)にあるSining Kamaligに行ってきました。
※詳しい行き方については、動画で紹介しているのでそちらを参考にしてください。

ここでは、フィリピンで活躍するプロアーティストが描いた絵を見ることができます。また、気に入った絵があれば購入することができます。値段は20万ペソぐらいから70ペソぐらい。安くはないです。高い絵だと車が買えますね。

絵は1か月に1度のペースで変わり、ときどき絵を実際に描いた本人もSining Kamaligにいて、いろいろコミュニケーションをとることができるようです。私が訪問したときは、ここでガイドをしているきれいなオランダ人のお姉さんしかいませんでした。

DSCN0162philippine

押し売りとかもなく、自由に絵を見ることができます。また、こちらから声をかけない限り、向こうから話しかけてくることはありませんでした(こんなきれいなお姉さんなら、ドシドシ話しかけてほしいですが。)

作品名 Blue Harmony  作者 Roland Rosacay

DSCN0140philippine

作品名 Chum   作者 Clara Villapando
なんかピカソの絵みたい。お酒を飲んでいますね。

DSCN0142philippine

作品名 Abstract in Nature  作者名  OYING  MADRILEJOS

DSCN0151philippine

こんな感じで絵が展示されています。中は思っていたよりも広くありませんでした。

DSCN0147philippine

展示場には椅子があるので、休憩することもできます。

DSCN0148philippine

静かな空間で気軽に芸術に触れることができるSining Kamalig、もしゲートウェイやアラネタセンターに来たときは、Sining Kamaligに訪れてみてはどうでしょう?日本人にアートギャラリーを案内されたフィリピン人もびっくりするはず。観光地としては有名ですが、まだまだ穴場的スポットです。

DSCN0154philippine

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)