フィリピーノタイムとは?フィリピン人が待ち合わせ時間に遅れる理由は?

あなたはこんな経験がありませんか?フィリピンの友達と待ち合わせをすると、いつも思うのが彼ら・彼女たちは時間通りに来ない。1時間たって、やっとくる。

「なんでいつもいつも遅刻してくるんだ」と相手に文句を言ったら、逆に逆切れされてしまった・・・・

DSCN0492philippine

私は次のような経験をしたことがあります。

ある友達の18歳誕生パーティーに呼ばれた時(フィリピンでは18歳の誕生日を『デビュー(デブー)』と呼び、かなり盛大に祝います。)、開始時間の10分前に到着しました。ですが、会場には誰もいません。そのときは、会場を間違えたのかと思いました。

どうやらこれはフィリピーノタイムと呼ばれる『時間に遅れるのが当たり前』という彼らの文化みたいです。

日本だと待ち合わせ時間の10分前に到着するというのが一般的だと思います。そして10分遅刻したら相手対して失礼です。ですが、もしフィリピン人と会う約束があるなら、10分遅刻していいんです!いや、15分遅刻してください。

待ち合わせ時間より早い時間に到着するのがよし、という文化はここフィリピンにはありません。早く来ると、待ち時間が増えるだけです。しかも、時間に遅れたからと言って、こちら側に相手を非難する権利はないようです。むしろ、イライラしたり文句を言うのはよくありません。

DSCN0465philippine

どれくらい待ち合わせ時間に遅刻していいのかフィリピン人に聞いてみると、15分から30分ぐらい遅刻するのが普通だそうです。ただし、1時間遅刻するとさすがによくないそうです。ただ、誕生パーティや何かのイベントだと開始時間の1時間後が本当のスタート時間だそうです。そんな裏スタート時間みたいなのがあるなら、事前に教えておいてほしいです。こっちは日本人なんだからイベントごとだと、開始時間の10分前に行かなければいけないのではと思ってしまいます。

あと、フィリピン人の友達と待ち合わせをしたときに必ず受け取るメッセージが「on my way (今向かっているところ)」です。

ですが、80%ぐらいの確率で実際にはまだ家で服を着替えたり、シャワーを浴びていたりします。どこがon my way なんだか・・・・

DSCN0474philippine

あと、遅刻した理由を聞くと100%の確率で

「because it is traffic (なぜなら渋滞していたから)」

と言います。

「ただ、おまえがタラタラしているだけだからだろ」

なんて言うと、人間関係が崩れるのでフィリピンでは時間に対して寛大になる必要があります。

あとフィリピンには魔法の言葉があって、「遅刻したのは渋滞していたから」というと、100%許されるみたいで謝る必要もないようです。

「遅くなってごめん」

という言葉はあまりフィリピンでは聞きません。

遅刻するのは友達との待ち合わせだけで仕事ではどうなのだろう?それなりのビジネスマンはおそらく遅刻はしないと思います。チャイナバンクで働いている友達の女の子に

「1年間で何回くらい遅刻するの?」

と試しに聞いてみると、3回ほど言っていました。

同じくカフェのお姉さんに同じ質問をすると、

「20回、30回遅刻したかな・・・あ、もしかしたら40回かも。because of traffic sir(渋滞だから)」

と言っていました。ということは、この子は1年間で40回遅刻してますね。日本だと学生でも1年間で40回も遅刻する人はそんなにいないよね。

私の彼女もよく仕事に遅刻しています。なので、最低レベルの賃金しかもらえない仕事では、遅刻してもフィリピンだと大丈夫ということですね。

仕事からパーティ、友達との待ち合わせ、遅刻するのは当たり前のフィリピンですが、1つ注意してほしいことがあります。それは女の子との待ち合わせです。女の子と待ち合わせをするときは、遅刻してもいいですが、彼女よりも早く到着する必要があります。女の子を待たせるのは良くないという文化がフィリピンにはあります。なので、その点注意してください。

余談ですが、上の写真の男の子がフィリピーノタイムに関する英語版の記事を書きました。

Filipino Culture | Filipino Time

彼、16歳か17歳の高校生です。ここまでの英語の文章を書ける日本の高校生はかなり珍しいと思います。フィリピン人の英語力はやっぱり高いです。そしてモデルの女の子も17歳の高校生、ここまで上手に英語を話せる高校生も日本だと珍しい。フィリピンにいると、日本は英語学習は文法にこだわりすぎているのでは?と思います。使える英語力を中学生や高校生が身につけられるよう、もう一度英語の学習カリキュラムを考え直す必要があるのではないでしょうか?せっかく英語を勉強するなら、洋楽や洋画を楽しめる英語力を身につけたいですよね。

動画もぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 志村純一 より:

    マガンダンハポン!
    フィリピンに何度か個人で旅行しているものです。
    フィリピンの女性は魅力的な方が多くいいですね。
    このチャンネルはYoutubeを見ていて発見しました。
    フィリピンの広報活動されているようですが、このページで活動されている
    方はどういった方なのかはわかりますか?

    • 管理人 より:

      マガンダンガビポ。フィリピンの広報活動になるのかな?趣味のブログです。最近は時間がなくて更新していませんが、また時間があれば、いろいろと紹介したいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)